メタボになりやすい食習慣チェック

食習慣でメタボを誘発しやすいものをピックアップしてみました。 あなたのあてはまるものがあったら要注意です。 対策のヒントもありますので、取り入れながら、うまく食習慣をチューニングしていきましょう。

1.遅い夕食

夕食が遅いと、食べてから眠るまでの時間が短くなります。 食べたものがエネルギーとして消費されにくくなると体脂肪に変換されやすくなります。 太りやすくなると、中性脂肪値は高くなります。 また、昼食からの時間が長くなることによって、間食が多くなります。

対策としては・・・

  • ・夕食時間を早くする
  • ・早い時間に主食だけとり、帰宅後は、野菜とおかずを主食にする
  • ・朝食・昼食を主体にし、夕食を軽くする

・・・といった方法が考えられます。

タクシーの運転、新聞記者のような朝帰りの多い職業の場合、帰宅後食事してからは、2時間程度起きているか、起きてから食べるようにしてはいかがでしょうか?

2.朝食抜き

朝食を抜くことによって、食事の回数が減ります。 食事の回数が減ると、一度に食べる量が多くなるため食後の血糖値が上がりやすくなります。また、ビタミン・ミネラル・繊維質の摂取量も少なくなります。 夕食が遅い→朝お腹が減らない→朝食抜き… の負の連鎖にはまっていませんか?

対策としては・・・

  • いつもより早く起きる
  • 可能なら朝食を摂る

・・・といった方法が考えられます。

3.外食が多い

外食は、カロリーが高く、動物性脂肪が多く、主食の量が多く、野菜が少ない、といった傾向があります。これは、選ぶメニューを変えるしか方法はありません。

対策としては・・・

  • 定食もの、できれば和定食を頼む
  • 単品であれば、そば(山菜そば、おろしそば)、スパゲティ(きのこスパゲティ)、サンドイッチ(野菜サンド)といった繊維質の多いものを選ぶ
  • 別で野菜サラダを頼む

・・・といった方法が考えられます。

4.接待が多い

会社員、営業担当の方に多い接待。カロリーの高い料理が並びます。 お酒も沢山飲まなくてはなりませんね。 しかし、こういった食生活もメタボにつながります。 よく使う店であれば、おかずの内容を選択できるようにしてもらいましょう。

対策としては・・・

  • ・ビールや日本酒など、注がれやすいものは避けます
  • ・ウイスキーや焼酎など、ちびちび飲めるものをゆっくり飲みます
  • ・つまみは野菜スティックなどの低カロリーのものを選ぶ
  • ・フランス料理であれば、フォワグラのかわりに魚料理など、低カロリーのものを選ぶ
  • ・飲んだ後のラーメンは止める

・・・といった方法が考えられます。

5.早食い

早く食べることによって、脳の満腹中枢に情報が伝達する前に食べ終えてしまいます。 すると、摂取カロリーが多くなってしまいます。 特に、糖尿病になりやすい人は、インスリンが遅れて出るという遺伝的素因を持っていることが多いです。早く食べると、インスリンが効く前に、短時間で血糖値が上がりやすくなります

対策としては・・・

  • ・食べるたびに箸を置く
  • ・30回噛む
  • ・会話しながら時間をかけて食べる
  • ・野菜、海藻、きのこなどの繊維質を必ず摂るようにする

・・・といった方法が考えられます。

簡単なことに気をつけるだけで「食習慣を変えるのは難しい・・・」と思っていた方にも、できそうな対策があったかと思います。少しずつの変化で食習慣を正常に近づけてゆきましょう。